光アレルギーの人はレーザー脱毛による火傷のリスクが高い?

妊娠中の脱毛

光アレルギーの人は注意?

光アレルギーの人にレーザー脱毛はオススメできない・・そんなコラムを目にしました。

そもそも、光アレルギーという病名をご存じですか?

まずは光アレルギーがどのようなものかを紹介します。

光アレルギーとは

光アレルギーとは、別名(紫外線アレルギー)と呼ばれるもので、太陽の光や紫外線によって皮膚に異常が出てしまう・・・というものです。

通常の人は何も感じないような微弱な紫外線にも反応し、蕁麻疹のような発疹や水泡などが肌の露出している部分に出てしまうのが特徴です。

光アレルギーの人は、通常光の届かない環境で生活しています。
外出も夜のみと、限られている事が多く、昼に外出する際には特別な紫外線カットグッズを肌身離さず装着しています。

そういった方の中にも、もちろん脱毛希望者はいるわけなのですが、光によって発せられた熱を利用して脱毛しているレーザー脱毛機を肌に当ててしまうと、通常の人よりも火傷をしてしまうリスクがかなり高くなってしまいます。

どうしても脱毛を希望する場合はまず光アレルギーのかかりつけ医に相談してみましょう。
光アレルギーの人が皆脱毛できないというわけではなく、実際に脱毛している患者さんもいらっしゃいます。