妊娠中の脱毛は母体へ悪影響です

妊娠中の脱毛

妊娠中のフラッシュ脱毛・レーザー脱毛の危険性

妊娠中にレーザー脱毛をしても、そのレーザーによって胎児に与える影響はないといわれています。

悪影響を受けてしまうのは母体、つまり脱毛する本人です。

火傷を負ったり、強い痛みによって陣痛を促進してしまう可能性もあります。

なのでサロンやクリニック側は妊娠中の脱毛を断っているのです。

余談ですが、生理中の脱毛について疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

エステやクリニックの中には「本人次第」というところもあります。

ホルモンバランスによって肌がデリケートになる生理中は、レーザーによる刺激を与えないほうが望ましいのです。
ただ、期間の関係でどうしても脱毛しておきたいという女性が多いのも事実です。

本来は脱毛しないほうが肌への負担もなくていいのですが、「生理中の脱毛は可能」という事も知っておきましょう。

同じく、フラッシュ脱毛という脱毛方法でも妊娠中の脱毛は不可能です。
フラッシュ脱毛は脱毛効果が少し弱く、痛みも感じにくいのですが、万が一のトラブルを避けるためにも妊娠中に施術することはできなくなっているようです。

脱毛中は紫外線に当たるのを避けたり、保湿を心がけたりといろいろストレスになってしまう部分も多く、その面でも妊娠中には向かないと言えます。ゆったりと過ごし、きちんと日光にも当たって胎児にも太陽の光を母体越しに見せてあげてくださいね。