妊娠中の脱毛は肌へのダメージ大

妊娠中の脱毛

妊娠中の脱毛はダメ

妊娠しているときに脱毛をしようとしても、ほとんどのサロンやクリニックでは断られてしまいます。

ほとんどの女性は”胎児に影響があるから?”と思っているようです。

確かにレーザーやフラッシュ脱毛が胎児に悪影響な感じはしますが、実際には直接的な影響はないそうです。

ではどうして妊娠中の脱毛はダメなのでしょうか?

それは、脱毛効果がしっかりと発揮されなくなる可能性があるからです。
さらに、通常よりも肌へのダメージが大きくなってしまう可能性があるからです。

妊娠中の女性ホルモンバランスの変化により肌が黒ずんで、レーザーが反応しすぎて火傷をした・・・という症例も耳にしたことがあります。

そんな場合、サロンやクリニック側の責任となってしまいます。それを避けるためにも、妊娠中の女性への施術は一切行わないようにしているそうです。

しかし、妊娠する予定がなくて脱毛をし始めたものの、いきなり妊娠したという場合も無いとは言い切れませんよね。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?
脱毛が完了できないまま終わり・・・なんていう事になってしまうのでしょうか?

心配しなくても大丈夫です。出産後まで脱毛を中断してくれるというサロンやクリニックがほとんど。

産後なかなか脱毛する時間がないっていう場合にも、落ち着いてからで構わない、というクリニックもあったそうです。
お店によって対応は少しずつ違うと思うので、直接どう対応してもらえるか聞いておきましょう。